実施要項

1.主旨 一般社団法人四国サッカー協会は、日本サッカーの将来を担うユース(18歳以下)の少年達のサッカー技術の向上と、健全な心身の育成を図ることを目的とし、第2種加盟チームの全てが参加できる大会として本大会を実施する。
2.大会名 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2018 四国
PRINCE TAKAMADO TROPHY JFA U-18 FOOTBALL LEAGUE / PRINCE LEAGUE 2018 SHIKOKU
3.主催 一般社団法人四国サッカー協会
4.主管 一般社団法人愛媛県サッカー協会   一般社団法人香川県サッカー協会
一般社団法人徳島県サッカー協会   一般社団法人高知県サッカー協会
5.後援 スポーツ庁
公益財団法人日本サッカー協会
愛媛県教育委員会   香川県教育委員会
徳島県教育委員会   高知県教育委員会
6.協賛
JFA Youth&Development Official Partner  株式会社ナイキジャパン
JFA Youth&Development Official Supporter トヨタ自動車株式会社
ニチバン株式会社
株式会社 明治
JFA Youth&Development Official Provider 株式会社モルテン
7.期間

平成30年4月7日(土)~12月8日(土)
※予備日…5月6日(日)、7月16日(月祝)、9月17日(月祝)、11月25日(日)、12月9日(日)
※予備日の取り扱いも試合日程と同様とする。

開会式…4月7日(土)   閉会式…12月8日(土)

第1節 4月 7日(土)第7節  6月30日(土)第13節  9月15日(土)
第2節 4月14日(土)第8節  7月 7日(土)第14節  9月22日(土)
第3節 4月21日(土)第9節  7月14日(土)第15節 11月17日(土)
第4節 4月28日(土)第10節 8月25日(土)第16節 11月23日(金祝)
第5節 4月30日(月祝)第11節 9月 1日(土)第17節 12月 1日(土)
第6節 6月23日(土)第12節 9月 8日(土)第18節 12月 8日(土)
8.会場   ※会場は、天然芝もしくは人工芝を基本とする。
徳島スポーツビレッジ 徳島市立高校グラウンド
高知県春野総合運動公園球技場(球技場・陸上補助・多目的) 土佐西南大規模公園
愛媛県総合運動公園 北条スポーツセンター
桜井海浜ふれあい広場サッカー場 愛フィールド梅津寺
今治市営スポーツパーク 香川県総合運動公園サッカー・ラグビー場(生島メイン)
香川県総合運動公園第二サッカー・ラグビー場(サブ) Pikaraスタジアム(香川県立丸亀競技場)
瀬戸大橋記念公園球技場 四国学院大学グラウンド
高松市立東部運動公園 高松市立屋島陸上競技場  他
9.参加資格

(1)(公財)日本サッカー協会に第2種登録した加盟チームもしくは準加盟したチームであること。

(2)(公財)日本サッカー協会への個人登録を完了している者とする。

(3)(公財)日本サッカー協会により「クラブ申請」を承認された「クラブ」に所属するチームについては、同一クラブ内のチームであれば、複数チームから選手を参加させることも可能とする。なお、本項の適用対象となる選手の年齢は第3種代とし、第2種およびそれ以上の年代の選手は適用対象外とする。

(4)本大会出場チーム間で大会中に移籍した選手は、再び本大会に出場することはできない。

(5)参加資格チームは下記、17条表彰及び次年度参加資格参照。

10.競技方法

(1)第1~18節にて10チーム総当り二回戦を実施する。

(2)順位決定方法は、勝ち3点 分け1点 負け0点の勝ち点により、勝ち点の多い順とする。
なお、勝ち点の合計が同一の場合は以下の項目に従い順位を決定する。

1】.全試合のゴールディファレンス(総得点-総失点)

2】.全試合の総得点

3】.当該チーム同士の対戦成績(勝敗)

4】.1】から3】の全項目において同一の場合は、抽選(当該チームの代表者立会いによる)により決定する。

(3)順位決定に応じて、高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2018プレーオフの要項に定められた四国地域からの出場資格が与えられる。

(4)競技開始80分前に代表者ミーティングを行なう。その際、チームはメンバー表と選手証を提出すること。
※選手証とはWEB登録システム「KICKOFF」から出力したカラーの写真張付があり、顔の認識ができる選手証・登録選手一覧のことを示す。

(5)試合時間は90分(45分ハーフ)とし、ハーフタイムのインターバルは原則として15分とするが、前半キックオフ時間より1時間を越えない。

11.競技規則

(1)(公財)日本サッカー協会制定の「競技規則」に準ずる。

(2)試合毎の登録選手は20名以下とする。

(3)ベンチ入りできる人員は14名(役員5名、選手9名)を上限とする。

(4)選手交代は登録した最大9名の中から5名までとする。

(5)試合中に主審から退場及び退席を命じられた選手並びに役員は、2018年4月1日施行された懲罰規程に順じて処理される。

(6)本大会の試合を通じて主審より『警告』を3回受けた選手は、次の本大会の1試合出場停止とする。

1】.同一試合で『2回警告』による『退場』となった場合の『警告』は、累積されない。

2】.本大会における警告の累積による処分は本大会のみに適用される。また、累積及び処分は本大会終了を以て効力を失う。

(7)試合開始時間に遅れた場合は、当該チームを不戦敗とし、そのゲームを0対4として扱う。

(8)試合が中断し、その後中止となった場合、その時間が後半30分を過ぎたその時点で試合成立とする。
試合成立の後半30分までに中止になった場合はその時点から後日試合を再開する。
なお、試合の再開は中止になった時点と同様のメンバーとするが、万が一、怪我などで出場不可の場合は診断書を試合当日に提出することで出場選手の場合は控え選手から、控え選手の場合は新たな選手から補充することを認める。この場合、交代枠は数えないこととする。

(9)メンバー表提出後からキックオフ時間までの間に、負傷またはやむを得ない事情があり、且つ、主審が認めた場合、先発選手の場合は控え選手と、控え選手の場合は新たな選手を補充することができる。

(10)試合球は、㈱モルテン社製 F5V5002ヴァンタッジオ5000コンペティションとする。

(11)「高円宮杯U-18サッカーリーグ2017エントリー制度共通規定」を厳守する。

12.試合開始時間 第一試合 11:00       第二試合 13:30
※会場、熱中症ガイドラインによって開始時間の変更の可能性あり。その場合は、指示された時間に従うこと。
15.ユニフォーム (公財)日本サッカー協会「ユニフォーム規定」に則る。なお、Jクラブ傘下のチームは、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)のユニフォーム要項に認められたユニフォームであれば除外する。一部でも使用が異なる場合は除外されない。

16.表彰および次年度参加資格

(1)優勝チームには表彰状並びにカップを、2位・3位のチームには表彰状を授与する。

(2)個人表彰として最優秀選手賞(優勝チーム1名)・得点王・アシスト王を表彰する。

(3)フェアプレー賞を1チームに授与する。

(4)優勝チームには「高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2018プレーオフ」の出場権が与えられる。

(5)次年度への参加資格については下記の通りとする。

1】. 2018年度優勝チームがプレミアリーグ参入戦 勝利の場合
残留…2位~8位(7チーム)
昇格…参入戦1位・2位・3位チーム自動昇格。
降格…9位・10位チーム(2チーム)

2】. 2018年度優勝チームがプレミアリーグ参入戦 敗退の場合
残留…優勝~8位(8チーム)
昇格…参入戦1位・2位チーム自動昇格。
降格…9位・10位チーム(2チーム)

17.高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2018四国 参入戦

(1)参加資格
各県リーグの要項に定める代表チーム。
※2018年度・2019年度どちらのチームでも参加可能。

(2)競技方法
トーナメント戦
※勝敗の決しない場合、20分(前後半各10分)の延長戦を行い、なお決しない場合はペナルティキック方式により勝利チームを決定する。
実施要項10-(4)(5)を採用

(3)競技規則
実施要項11を採用

(4)参入資格
参入戦トーナメント優勝チーム=自動昇格
参入戦トーナメント準優勝チーム=自動昇格
参入戦トーナメント第3位チーム=条件付で昇格
※2018年度プリンスリーグ優勝チームがプレミアリーグに参入した場合

(5)開催日
一回戦  :2018年12月15日(土) 会場…調整中
決勝戦  :2018年12月16日(日) 会場…調整中
3位決定戦:2018年12月16日(日) 会場…調整中
予備日  :2018年12月22日(土) 会場…調整中

18.その他

(1)各試合の登録選手は、選手証(写真貼付されたもの)を試合会場に持参すること。出力された選手証の持参を忘れた場合、オンラインでの確認後(写真が確認できることが条件)試合を行い、成立する。

(2)競技中の疾病、傷害等については各チームにて対応すること。なお、病院手配等が必要な場合は担当チームの指示に従うこと。

(3)チームでの傷害保険に加入することが望ましい。

(4)参加選手は、健康保険証を持参すること。

(5)大会規定に違反又は不都合な行為のあった時は、そのチームの出場を停止する。その場合、同チームが関係するリーグ戦すべての試合結果を抹消し、同チームは『降格』とする。その後の処置は規律委員会で決定する。

(6)出場を辞退するようなことになった場合、同チームが関係するリーグ戦すべての試合結果を抹消し(前期が終了している場合は前期までの成績は残す)、同チームは『降格』とする。その後の処置は、所属協会に委ねる。